製品詳細

超音波カッター

カテゴリ
超音波応用技術
製品分類
超音波ウェルダー 発振器ユニット
超音波溶着機(超音波ウェルダー)を用いて、専用の刃を取り付けることにより樹脂の溶断に特化した超音波カッターです。刃を微細に超音波振動させて切断する超音波カッターは、通常の刃物による切断と比べ、加工効率が大幅に向上します。紙、プラスチック、食品など様々な対象の切断にご利用いただけます。
超音波カッター
超音波カッター
超音波カッター
超音波カッター

製品の特長

・カット断面が綺麗
・通常のカッターと比べてスピードが速く切り粉の発生が極めて少ない
・ウォータージェットやレーザと比べて初期投資が低コスト
・生地末端(樹脂素材)のほつれ対策も可能
・超音波ユニットがコンパクトな為、多関節ロボなどの自動機への搭載が容易に可能

カタログダウンロード(会員様専用サービス)

詳細

デジタルPLLによる周波数自動追尾制御

高速・高性能なデジタル信号処理による発振周波数の自動追尾方式を採用し、安定で信頼性の高い発振制御を実現しています。

周波数サーチ機能

超音波ホーンや使用環境に合わせた最適な発振周波数を、発振器のパネル操作や外部信号により自動的に探索して設定します。

自動機への組み込みに便利な外部制御入出力

自動機のコントローラと接続し、発振制御や状況監視を行う為の入出力ポートを標準で備えています。

デジタル・パラメータ設定によるメンテナンス

発振器内部のアナログ調整を排除することにより、迅速な保守サービスに対応します。

超音波カッターは、成形品のトリミングやゲートカット、ハーフカットなど強力かつスピーディーな切断加工を実現します。

超音波振動による溶断

超音波カッターは材料を溶かしながら切るため、切断面が綺麗に仕上がり、切断面の ‘ほつれ止め’ の効果も期待できます。


カッター刃

ゴム材カット

自動車内装材カット
ハンドタイプとしても使用可能

超音波カッターの振動部には、手元で発振操作が可能なハンドタイプもラインアップしています。検証時の断面観察や不要部品の除去などを現場でも簡単に行うことができます。

超音波カッターの代表的なアプリケーション

■成形品のトリミング
■樹脂のハーフカット
■ゲートカット
■段ボールのカット(樹脂・紙など)

発振器 436D JⅡ430SA JⅡ930SA
周波数(kHz) 28.5
最大出力(W) 420 420 900
連続出力(W) 170 175 375
 電源入力(V)  AC100~240(単相)
外形寸法WxDxH(mm) 80×253×212 80×254×212 120×332×260
質量(kg) 3.0 3.0 6.0
振動部タイプ ハンド/装置搭載 装置

※記載されている製品は、予告なく仕様・寸法が変更になる可能性がございます。

※イメージ図の為、実際の装置は型式により形状が異なります。