会社概要

沿革

       
1924年
(大正13年)
精電舎製作所を台東区鳥越で創業。 有線無線通信機の製造販売を開始。
1953年
(昭和28年)
株式会社精電舎製作所を設立。高周波ウェルダーの開発、製造。
ビニール製品の高周波加工を手がける。
1956年
(昭和31年)
社名を精電舎電子工業株式会社に改称。日暮里に工場を新設。
1961年
(昭和36年)
世界で最初に開発した「超音波プラスチックウェルダー」 「超音波ミシン」を東京国際見本市で発表。
1970年
(昭和45年)
本社を日暮里工場に移転。
1973年
(昭和48年)
炭酸ガスレーザーの販売を開始。
1977年
(昭和52年)
電磁誘導ウェルダーの販売を開始。
1984年
(昭和59年)
業界初のプラスチック専用NCレーザ加工機をJP84で発表。
1985年
(昭和60年)
新社屋を落成。総合メーカーとしての基礎を整備。
1989年
(平成元年)
マイコン制御全自動貴金属チェーン溶着システムを開発。
デジタル技術を応用した溶着システムの開発に注力開始。
1994年
(平成6年)
高速異物検査装置を開発。画像応用計測などの品質管理システムの開発に注力開始。
1996年
(平成8年)
次世代コンセプトマシンとなる、デジタル制御一体型ウェルダー「SONOPET Σシリーズ」・
「初代溶着管理ソフトウェアSigmaWin2 シリーズ」の販売を開始
振動溶着機、熱板溶着機など大型溶着機の販売を開始。
1998年
(平成10年)
半導体レーザ溶着機を開発。プラスチック溶着の新たな工法をリリース。
1999年
(平成11年)
高密度電子回路用自動布線機を開発。
ロボット搭載型レーザ発振器 LHUを開発。
2000年
(平成12年)
超音波金属接合機の販売を開始
ロードセルによる荷重制御に対応した「SONOPET Σ600S シリーズ」の販売を開始。
2002年
(平成14年)
外観検査装置を開発。
2004年
(平成16年)
ISO14001環境マネジメントシステムを認証取得。
2006年
(平成18年)
超音波ウェルダーSONOPET 300Sシリーズの販売を開始。
2007年
(平成19年)
デジタルアンプを搭載した、次世代型超音波ウェルダー「DΣ」を開発。
超音波溶着もいよいよ新たな段階へ突入。
2008年
(平成20年)
高速超音波ミシンSONOPET 1205BFC/RWの販売を開始。
2009年
(平成21年)
デジタル発振回路を搭載した超音波ウェルダSONOPET x5Dシリーズの販売を開始。
全機種にエネルギーモード搭載。
自動機組み込みにも適した、用途は多種多様なハンディタイプ。
専用プレスもラインアップ。
2010年
(平成22年)
医療用チューブおよびバルーンカテーテルの溶着用に開発した、「MS-B01」および「MS-TK100」をMEDTEC2010で発表。以後、MSBシリーズを順次開発
超高速回転式ウェルダー RL/RWシリーズを開発。
2013年
(平成26年)
Ethernet(LAN) や USB での PC 接続にも対応したフルデジタル制御タイプ超音波ウェルダーSONOPET Jシリーズの販売を開始
「溶着管理ソフトウェア J-Tool」の提供開始。J-Toolとの連携により、生産の全数管理も対応可能に。
2015年
(平成27年)
超音波ウェルダーSONOPETx6Dシリーズの販売を開始。
Ethernet対応モデルが新登場。 x5シリーズでの時間、エネルギー、連続の設定選択に加え、溶着時のピークパワーで発振を停止するピークパワー、AND/OR制御が可能。
2016年
(平成28年)
インパルスウェルダーTPHシリーズの販売を開始
2017年
(平成29年)
超音波ウェルダー J シリーズの機能を継承し、世界初、周波数切り替え機能を搭載(オプション)。
産業用ネットワークや Bluetooth にも対応した小型機「SONOPET JⅡシリーズ」をIPF2017にて発表。
ナノ秒レーザの販売を開始。
ナノ秒CO2レーザ発振器を開発。

2018年
(平成30年)

超音波ウェルダーSONOPET JⅡシリーズの販売を開始。