製品詳細

高周波ウェルダー CKGシリーズ(前後スライド)

カテゴリ
高周波応用技術
製品分類
高周波ウェルダー
前後スライドテーブル式の高周波ウェルダーです。ワークセットと加工ステージを別とすることで、作業効率と安全性を両立しています。
CISPR11に準拠した8kW機をラインアップ。
各種オプションを標準搭載したパッケージモデル。
高周波ウェルダー CKGシリーズ(前後スライド)
高周波ウェルダー CKGシリーズ(前後スライド)

製品の特長

・自動同調を標準搭載
・上部電極用ヒータを標準搭載
・外観、強度、気密に優れた溶着
・静音式超高感度スパーク防止装置
・CISPR11準拠機

カタログダウンロード(会員様専用サービス)

詳細

総合通信局への届出も安心(CISPR11準拠)

高周波ウェルダーはCISPR11の対象製品です。使用(設置)に際しては、CISPR11で規定されている妨害電波に関する規格を満たす必要があります。装置自身で規格を満たすか、設置環境(シールドカーテン等)で満たす必要があります。当社の「高周波ウェルダー CKGシリーズ」は国際規格CISPR11に準じており、安心してお使いいただけます。
CISPR(シスプル※)とはIEC(国際電気標準会議)の特別委員会のことで、無線障害を防ぐための妨害波に関する規格の略称です。
2020年6月11日より電磁放射妨害波の規制値が国際規格CISPR11の値に強化され、電源端子におけるラインノイズ規制(電波妨害波)が加わりました。
※ Comite international Special des Perturbations Radioelectriques

上下テーブルは個別に溶着条件の設定が可能

上下テーブルでサイズ違いの置き型を使用する際に、個別の溶着条件を設定可能です。

静音式超高感度スパーク防止装置付

当社が開発した特許に基づく画期的な方式により、スパーク発生の予兆を検知して発振を停止させることができます。これにより金型や定盤、製品の損傷を防ぎます。

発振器保護機能

発振器の定格を超えた電流が流れると発振を即座に停止し、発振器の故障を防ぎます。

オプション機能を標準搭載

自動同調

生産中の材料厚さ、環境温度変化に対応し安定した溶着条件を維持します。(手動同調も設定可能)

上部電極用ヒータ

50~150℃の温度設定に対応。オレフィン素材の溶着にも対応します。

タッチパネル

5.7型TFTカラータッチパネルを採用しています。一覧性の高い自動運転画面と操作性を重視した溶着条件設定画面。

高周波ウェルダーは塩化ビニールなどの熱可塑性樹脂(誘電体)の加熱・溶着・溶断に使用されます。
浮き輪やゴム手袋、テントやトラックの幌など、シート状の樹脂を溶着する際に使用されています。自動車では、サンバイザーの表皮溶着や座席に貼られている警告シール(コーションラベル)の溶着に使用されており、医療機器では輸血バッグなどにも利用されています。
高周波の原理から、木材や接着剤の乾燥に利用されることもあります。

アプリケーション

■自動車
内装部品の表皮溶着・警告シール・カーペットなど
■医療
輸液バッグ・輸血バッグ・各種チューブ・サージカルガウン・腕帯など
■日用品
テント・浮き輪・ワッペン・ビニール傘・ファイル関連・ランドセル・玩具など

型式 CKG-08-TUP
出力(kW) 8
電源電圧(V) 200 (三相)
周波数(MHz) 27.12
同調回路 自動同調
上部電極寸法 W×D(mm) 650x500
装置寸法W×D×H(mm) 1400×2040×1190
装置質量(kg) 約750

オプションパーツ

・プレス上昇速度可変機構
・コモンベース