会社概要

技術分野と製品展開

精電舎電子工業はココが違います

精電舎電子工業は、プラスチック溶着・溶断技術と波動応用技術の革新に耐えず挑み続ける、
プラスチック溶着機器・樹脂加工機器の国内トップメーカーです。

技術革新への取り組み

「精電舎製作所」から「精電舎電子工業」へ

当社は、大正13年、精電舎製作所として東京都台東区鳥越に創業、有線無線通信機の製造販売を開始、日本放送協会など関係方面に大きく貢献しました。

戦後、プラスチック業界の急速な発展に即応して、高周波ウェルダーと高周波ミシンの研究製作に着手し、プラスチック加工へ電磁波エネルギーの応用開発をスタートしました。同部門の業況拡大に伴い、昭和31年7月、精電舎電子工業株式会社を設立、日暮里に工場を新設し生産体制を整備しました。

世界初の超音波プラスチック溶着機を発表

昭和36年、東京国際見本市で、世界初の超音波プラスチックウェルダーと超音波ミシンを発表。これは、当社特許No.250121「超音波発熱接着法」に基くもので、すべての熱可塑性樹脂を加工でき生産性が高いなど、広く利用されるに至りました。

昭和45年、本社を日暮里に移転し、研究開発・製造・販売・サービスを有機的に一体化し、総合メーカーとしての基盤を固めました。昭和48年、第3のエネルギーとして炭酸ガスレーザーを、昭和52年には高周波エネルギーの新たな応用として電磁誘導ウェルダーを開発、昭和59年には業界初のプラスチック専用NCレーザ加工機をJP84に発表しました。ここに波の御三家、電波・音波・光波のプラスチック加工への利用技術を総合的に確立するに至りました。

システム・デジタル技術分野へ

昭和60年、日暮里工場を拡張し本社工場ビルを新築する一方、システム技術やデジタル技術に注力、溶着溶断装置の総合メーカーとしての事業基盤と技術基盤の拡充に着手しました。各種自動化システムや複合加工システムをはじめ、平成元年にマイコン制御全自動貴金属チェーン溶接システムやマイコン制御防水シート溶着機などを相次いで開発、平成6年には溶着監視装置や画像応用計測分野にも進出いたしました。

技術を結集させた次世代機「Σシリーズ」登場

平成8年、膨大な当社の蓄積技術やノウハウに、最新のセンシング技術やコンピューター技術を統合した次世代コンセプトマシンである、デジタル制御超音波ウェルダー「Σシリーズ」を開発しました。従来不可能だった高品位溶着や精密溶着を実現するなど、多くの新機軸を生みました。また、新発想の熱板溶着機や振動溶着機などをも開発し、技術領域を拡充しました。

フルデジタル制御タイプ
「SONOPET Jシリーズ」販売開始

平成26年、小型・軽量化を追求したハイスペックモデルが登場。デジタル定振幅制御・周波数サーチ機能を始めとした次世代フルデジタル制御タイプ「SONOPET Jシリーズ」は、溶着管理ソフト「J-Tool」との連動により「溶着工程の見える化」を実現致しました。

世界初、周波数切り替え機能搭載
「SONOPET JⅡシリーズ」をIPF2017にて発表

平成29年、「生産性は加速する」をコンセプトに開発された小型超音波ウェルダー「SONOPET JⅡシリーズ」を発表。USB/LAN接続に加えて産業用ネットワークまで、汎用・産業用どちらのネットワークにも対応致しました。また、スマートデバイス用アプリ「JⅡ Plus」を開発。スマートフォンやタブレット端末を接続して、溶着条件やシステム設定、モニタリング等の操作が可能となりました。より効率的なものづくりを実現するための機能を搭載したJⅡシリーズは時代を牽引する機械となるでしょう。

さらなる発展を続ける精電舎電子工業

このように、当社は、「プラスチックの溶着溶断装置と応用加工技術」を総合的に提供できるユニークなメーカーとして、また良きコンサルタントとして、今日に至っております。
その基本は、独自の研究開発システムと創業当初から継続している、全国の国公私立大学との緊密な産学協同開発体制から生まれた、多くの特許や蓄積されたノウハウにあります。
また、当社は我が国において、最大のプラスチック溶着溶断装置の生産能力と、最高の出荷台数・実働台数を誇り、海外においても、アジア全域をはじめ、オーストラリア、中南米、アフリカ、中近東、及びヨーロッパやアメリカなどに輸出、精電舎ブランドとして高い評価を得ております。

今後もますます活躍の場を広げる精電舎電子工業にぜひご期待ください。

製品展開