製品詳細

振動溶着機 SMVシリーズ

カテゴリ
振動応用技術
製品分類
振動溶着機
小型~中型成形品に適した振動溶着機です。
ターンランプやメータカバーなどの自動車部品や、家電製品、OA機器など幅広い分野に使用できます。装置本体の小型化と共に、バリ発生量の低減が特長の高周波数タイプと、治具質量対応範囲を拡大した高出力タイプの2タイプをラインアップ。
振動溶着機 SMVシリーズ
振動溶着機 SMVシリーズ
振動溶着機 SMVシリーズ
振動溶着機 SMVシリーズ

製品の特長

・高強度、高気密の溶着が可能
・沈み込み制御による溶着品質の安定性
・発振周波数違いの2タイプをラインアップ
・高防音な特殊防音パネル仕様を標準化し、従来機より約10%の防音性向上を実現。
・一体構造によりレイアウト変更にも柔軟に対応

カタログダウンロード(会員様専用サービス)

詳細

共通機能

溶着制御モード

発振時間または沈み込みにて制御が可能です。

多段階制御

前荷重や溶着中の多段階での制御が可能。ワークの変形などを矯正することで溶着品質を保ちます。

タッチパネル操作

直感的な操作が可能で視認性に優れています。

溶着グラフ表示

時系列で溶着中の振幅、荷重、沈み込みを表示し、溶着条件の最適化やトレーサビリティに役立ちます。

周波数サーチ

取り付けた上治具にて、振幅が最大となる周波数を探します。全範囲で探索する自動サーチと、任意で探索範囲を設定できる手動サーチが選べます。

特殊防音パネル
ミューティング機能
アンチリピート機能
外部メモリ
溶着結果メモリ
モニタ機能

荷重オフセット
シャッター/テーブル同時スタート
NG設定

など

SMV-220

周波数190~260Hz可変のリニア振動
振動部強化により高荷重にも対応可能。(当社従来機比較)

SMV-230

周波数330~380Hz可変のリニア振動
小さな振幅での溶着が可能となり、製品のダウンサイジングに貢献(リブ/トラップ間の距離縮小)
溶着バリの低減

自動車部品では、特に高い強度と気密性の求められるエンジン部品やレンズの生産に採用されています。その他にも家電製品やOA機器など幅広い分野で使用されています。樹脂成形品は反りなどの変形も起こりやすく、高荷重での矯正を必要とすることから振動溶着機を使用するケースも多くあります。

  • ビス・パッキン・接着剤等の消耗品を使用せずに組立・密閉が可能なため、消耗品コストが不要です
  • 油圧駆動のリフトテーブルによる荷重で、ソリなどのプラスチックの変形を加圧力で矯正しながら溶着する為、高い剛性と寸法精度が得られます。
  • 超音波に比べ大型で3D形状も含め複雑な形状をしたパーツの溶着も可能です。
  • ガラス含有パーツの溶着も可能です。
  • 消耗品未使用で熱可塑性樹脂同士の溶着により、外観も比較的綺麗で除去する不純物が無くリサイクルしやすい
  • 熱板など外部で熱を発生させる機構部が無く、立ち上げ時間も短いため電力消費量が比較的少なくランニングコストを低減します。
  • 治具や機内にバリの付着もほとんどなく、メンテナンスも軽微となります。
  • 摩擦発熱は過度な温度上昇がなく、プラスチックを傷めずガスや臭い等も発生しません。
  • 摩擦接触面で熱が発生するため、溶着部以外の熱変形がありません。

代表的なアプリケーション

■自動車
レンズ・メータカバー・エアフィルタ・キャニスタ・ターンランプ・ライセンスランプ・小型リアレンズ
■電機・電子
インクタンク・トナーケース
■包装・容器
各種成形容器

型式 SMV-230 SMV-220
発振周波数(Hz) 330~380可変
(治具質量による)
190~260可変
(治具質量による)
電源入力  AC200V(三相) 65A
最大振幅(mm) 0.8(p-p) 1.8(p-p)
上治具取付定盤寸法DxW(mm) 510×375
下治具取付定盤寸法DxW(mm) 560×492
上治具質量範囲(kg) 8~14 18~20
オープンハイト(mm) 580
テーブル最大荷重(kg) 10
装置寸法DxWxH(mm) 1680×1220×2022 ※突起部含まず
装置質量(kg) 2800

※記載されている製品は、予告なく仕様・寸法が変更になる可能性がございます。