製品紹介 | PRODUCTS INTRODUCTION

半導体レーザ LU-W100

レーザ発振器
半導体レーザ LU-W100

コンパクトかつ高効率、扱いやすい空冷タイプのLD発振器です。レーザ溶着に最適なビームプロファイルにより、高品質なレーザ溶着を可能にします。

半導体レーザ発振器 LU-W100の特徴

  • 冷却方式は扱いやすい空冷方式
  • 発振器、駆動回路、冷却機構を一体化にしたコンパクト設計
  • 高効率を実現した省エネ設計
  • 装置組込に適したインターフェイス
  • 日本での開発設計製造による安定供給と充実のサービス体制
  • 光学ヘッド 特注対応可
  • レーザ溶着に適したビームプロファイル



レーザ溶着の原理



溶着したい部材の界面にレーザを照射し、発熱・溶融させることで接合(溶着)します。
また溶着面は、加圧により密着している必要があります。

仕様

LU-W100
光学特性
最大出力 100W
波長 940mm
ファイバーケーブル
コネクタ/th>

SMA
外装 ステンレスフレキシブルチューブ
ファイバーコア径 60μm
ファイバーNA/th>

<0.22
電気
入力 100~240V AC,500W
外部接続 RS232C , Analog(0~10V) , TTL
周辺環境
使用時周囲温度 10~35℃ ※1
使用時周囲湿度 5~85% ※1
寸法・質量・その他
外形寸法 W300 × D300 × H175 mm
重量 21kg
冷却方式 空冷

※1 但し、結露無き事。