製品紹介 | PRODUCTS INTRODUCTION

超音波フードカッター

超音波フードカッター
超音波フードカッター

刃を微細に超音波振動させて切断する超音波フードカッターは、
通常の刃物による切断と比べ、加工効率が大幅に向上します。
全ての機種が、自動機搭載可能。
自動機のコントローラーと接続し、発振制御や状況監視を行う
ための入出力ポートを標準搭載しています。

小型超音波フードカッター

小型フードカッター

Line Up

  • SONOPET JⅡ910SA(工具ホーン最大幅250mm)
  • SONOPET JⅡ410SA(工具ホーン最大幅150mm)
  • SONOPET JⅡ430SA(工具ホーン最大幅150mm)

使い方に合わせて選べる

自動機への組み込み・ハンドでの使用・サーキュラータイプ(回転刃)など。
振動部も小型であるため、様々な用途に対応可能。

産業ネットワーク対応

自動機のコントローラと接続し、発振制御や状況監視を行う為の入出力ポートを標準搭載

産業用イーサネット

>

小型超音波フードカッター 仕様

発振器 JⅡ910SA JⅡ410SA JⅡ430SA
周波数 19.15kHz 28.50kHz
定格出力 750W 350W
最大出力 900W 420W
振幅可変 30~50%(0%設定可)
対応タイプ 自動機搭載
ハンドプレス
自動機搭載
ハンドプレス
ハンドタイプ
外形寸法(WxDxH) 120 x 332 x 260 mm 80 x 254 x 212 mm
質量 約6kg 約3kg
電源 AC100~240V±10%
50Hz/60Hz±2Hz(単層) 
振動部 JⅡ910/410T-M JⅡ430T-M
本体直径(突起部含まず) Φ74mm Φ37mm
全長 168mm 143mm
重量(ケーブル含まず) 約1.1kg 約0.28kg

大型超音波フードカッター

SONOPET J2

Line Up

  • SONOPET JⅡ1510SA(工具ホーン最大幅355mm)

デジタル定振幅制御

負荷時の工具ホーンの振幅を一定に保つことにより、カットの安定性を向上。
デジタル制御採用により制御量を調整可能。

産業ネットワーク対応

自動機のコントローラと接続し、発振制御や状況監視を行う為の入出力ポートを標準搭載。

産業用イーサネット

大型超音波フードカッター 仕様

発振器 JⅡ1510SA
周波数 19.15kHz
定格出力 1250W
最大出力 1500W
振幅可変 30~50%(0%設定可)
対応タイプ 自動機搭載
外観寸法(WxDxH) 370 x 420 x 150 mm
質量 約10kg
電源 AC200~240V±10%
50Hz/60Hz(単層)
振動部 JT1510M
本体直径(突起部含まず) φ98mm
本体長さ 317mm
質量(ケーブル含まず) 約3.5kg
工具ホーン

フードカット用工具ホーン

Line Up

  • 80mm幅
  • 150mm幅
  • 200mm幅
  • 250mm幅
  • サーキュラー型(28kHzのみ対応可能)
  • 特殊形状
  • ※ホーンの形状についてはお気軽にお問い合わせください。

振動解析と実測

振動解析に基づいた形状の検討と実測後の補正を行うことにより、
安定性と機能性に優れた工具ホーンを製作可能。
解析画像

加工・工作部門

加工・工作部門が社内にあるため、試作用の簡易的なものから量産用の大型のものまで、
お客様のニーズに合わせた製作も可能。
工具ホーン1工具ホーン2

特長

超音波フードカッター
特長と使用例

Line Up

  • 特長紹介
  • 動画

超音波フードカッターの特長

超音波振動による圧倒的な切断力

超音波によって高速振動させた刃が、強力かつスピーディーな切断加工を実現。

特長1

超音波振動による付着低減

超音波振動により刃側面への食材付着を低減。

特長3

食材を崩さずカット

超音波振動により、接触面の抵抗を減らし刃への食材付着が低減します。そのため食材を崩さず、引きずることなくカットすることが可能。

特長2

衛生的かつ清掃工程を削減

刃への付着低減とともに、切りくずも減少するため
清掃工程の削減が可能。