製品紹介 | PRODUCTS INTRODUCTION

MS-TK102

カテーテル溶着機
MS-TK102

電磁誘導による急速加熱と、収縮チューブを使用しない当社特許技術の新加圧機構を特長とした、カテーテルおよび樹脂チューブの端部溶着機です。電磁誘導加熱を利用しますので、カテーテル端部の溶着以外にも、カテーテル先端の形状加工にも適しております。

カテーテル・チューブ溶着機
MS-TK102

電磁誘導による急速加熱と、収縮チューブを使用しない当社特許技術の新加圧機構を特長とした、カテーテルおよび樹脂チューブの端部溶着機です。電磁誘導加熱を利用しますので、カテーテル端部の溶着以外にも、カテーテル先端の形状加工にも適しております。

MS-TK102の特長

新加圧機構により収縮チューブが不要

当社の特許技術である、新加圧機構により、収縮チューブ等の接続補助部材が必要ありません。生産性や歩留りの向上に貢献いたします。

電磁誘導による短時間溶着

電磁誘導によって、芯棒を急速に加熱しますので、短時間での溶着を実現します。

カテーテル先端の加工にも使用できる高い汎用性

電磁誘導加熱は、チューブの端部接合以外にも、カテーテル先端のテーパー加工・丸め加工などにも使用されております 一台で何役もこなせる非常に汎用性の高い装置です。

Made in JAPAN ならではの対応力

ハード・ソフト両面で、お客様の特別仕様に迅速に対応しております。どんな些細な仕様変更も、大掛かりな変更も、是非お気軽にご要求ください

段差がなく、安定した仕上がりを実現します。

MS-TK102 基本仕様

型式 MS-TK102
発振周波数(kHz) 50
電源入力 AC100V 8A
冷却方式 エア冷却
供給エア圧 0.4MPa
対応チューブ径 φ0.7~φ3 ※収縮加圧機構部交換により対応 ※左記寸法以外も特注対応可
溶着管理方式 タイマ制御 or 温度制御
溶着条件メモリ機能 50種類
寸法(mm)(高さ×幅×奥行) 465×650×430
質量(kg)  36