プラスチック溶着機器メーカーの精電舎電子工業

製品紹介 | PRODUCTS INTRODUCTION

スピンウェルダー

スピンウェルダー
スピンウェルダー

ワークに荷重を掛け高速回転させることで、溶着部に発生する摩擦熱により溶着させるカスタムオーダー製品です。

スピンウェルダーは、溶着させるワーク同士に荷重をかけ、
片方のワークだけを水平方向に高速回転させ、溶着部に発生する摩擦熱により溶着させるものです。
スピンヘッド及び受治具の交換により、装置一台で様々な製品に対応できます。

スピンウェルダーの特長

  • 円形のワークであれば、高気密・高強度の溶着が、短時間で可能
  • 主軸停止時間制御(停止時間0.05sec以下※)により、安定した溶着を実現
    ※2140rpm±30rpm時
  • スピンヘッドと受治具の交換により多品種にも対応可能な、高い汎用性

スピンウェルダーは、ワークの形状や大きさをはじめ、お客様の様々なご要望に合わせ、最適な仕様を提案させて頂く 「カスタムオーダー製品」です。

スピンウェルダー基本仕様

主軸回転数 500~2500rpm
主軸停止時間 0.05sec以下 (2140rpm±30rpm時)
溶着モード 沈み込み制御 (0.01mm刻み)
プレス荷重 500~4500N (下治具・下治具取付プレート約20kg未搭載時)
電源 三相 AC200V 12kVA 50/60Hz
供給エア min 0.4~0.7MPa (ドライエア)
エア消費量 約250L/min (ANR)